À l'avenir~清瀬発浦和経由河口湖行き柳瀬ゴローのブログ

柳瀬ゴローです。清瀬を流れる柳瀬川の風景、ラジオでお世話になっている富士河口湖町周辺など、自然風景や食、鉄道、飛行機など、様々なことを書きます。時折フランス語でも書きます。

地元を誉めよう〜5月16日(木)ふじやまワールドミュージック

f:id:taka_fan:20190512230636j:image

富士河口湖町へ通うようになり、5ヶ月が過ぎた。まもなく半年となるが、あっという間に過ぎてしまった。毎週番組にたくさんのメッセージとリクエストを頂戴しているが、そのお1つお1つを読ませていただく度に、身が引き締まる思いなのである。と、同時に、リスナーの皆さんとさらに一体となり、楽しみながら番組づくりをしたいとの思いを、より強く抱くようになった。

 

5月16日(木)の『ふじやまワールドミュージック』のテーマは「地元を誉めよう」である。

ご存知の通り、富士河口湖町には世界遺産富士山、河口湖など、多数の「お宝」があり、世界中から毎日観光客が押し寄せている状況なのである。

f:id:taka_fan:20190512231531j:image

この状況はまだまだ続くと思うが、海外からの観光客が押し寄せている一方で、国内からの観光客が減っているように思えるのは気のせいだろうか?  

f:id:taka_fan:20190512231824j:image

海外からの観光客が多いというのは、有り難いことではある。しかし、何かの拍子に突然来れなくなるという危険性もあり、やはり国内需要が安定しているというのが、観光地として理想ではある。

 

前置きが長くなったが、私の故郷である、東京都清瀬市は、様々な自然スポットがあり、大変魅力ある都市なのである。

f:id:taka_fan:20190512232647j:image

柳瀬川や空堀川をはじめ、中里緑地や松山緑地など、市内外の方々にもっと知っていただきたいのだが、まだまだ課題は多い。

 

f:id:taka_fan:20190512232929j:image
f:id:taka_fan:20190512232925j:image

 

12日(日)、清瀬市まちづくり課主催で今年2回目となる「未来の清瀬がよりよくなる、まちづくりプロジェクトをつくろう!市民ワークショップ」が開催され、私も参加した。1回目は市役所を起点に、御殿山緑地や台田の杜、柳瀬川などを歩き、市役所へ戻りグループワークで様々な提案や問題点など意見交換が行われたのち、グループからの発表となったが、今回は、アミューを起点に中央公園、松山緑地、南口商店街を歩き、アミューで1回目と同様のグループワーク、発表を行った。

 

様々な年代の方々が活発に意見を述べる様子は大変嬉しく、清瀬の未来に期待が持てるのではないかと、ワクワクしてしまった。

 

ぜひ、5月16日(木)の『ふじやまワールドミュージック』には、リスナーの皆さんが住むまちや地域を誉めていただきたいのだ。「自分が住む地域にはこんな良いものがある」「自分が住む地域にはこんな素晴らしい方がいる」など、大いに自慢していただきたいのだ。もちろん局がある富士河口湖町鳴沢村など周辺都市や、故郷清瀬市さいたま市の自慢スポットも折に触れご紹介したい。

 

📘『BOOK BOOKふじやま』📙

「県境マニア!」石井裕ランダムハウス講談社刊 ※富士河口湖町生涯学習館に蔵書あり

f:id:taka_fan:20190512235507j:image

🇫🇷『河口湖町発パリ行き』🇫🇷

ガイドブックにないパリ案内 

 

📻『ふじやまワールドミュージック』木曜日

12:00-15:00

(再放送は金曜日深夜00:00-03:00)

FMふじやま77.6MHz

※インターネットサイマル放送実施中

担当:柳瀬ゴロー

 

📧info@fujiyama776.jp

📠0555-20-3775

💻📱http://fujiyama776.jp/

 

 

 

 

 

 

 

あなたの周りのエライ人選手権〜5月9日(木)ふじやまワールドミュージック

f:id:taka_fan:20190508151210j:image

既にお伝えしたが、5月6日(月)、さいたま市大宮区役所新庁舎完成祭が盛大に開催された。地固め祭から完成祭まで、一貫して市民が主体で企画・運営がなされた。完成を記念し公開されたモザイクアートには、今回のプロジェクトで尽力された方々が写っており、新庁舎の完成を見ることなく、他界された方も写っている。

f:id:taka_fan:20190508152225j:image


f:id:taka_fan:20190508152220j:image

 

f:id:taka_fan:20190508152501j:image

 

式典には市長も議員も出席しない、政治臭ゼロの、まさに市民による、市民のための完成祭だった。手作り感溢れ、血の通ったお祭りに、参加者も感動した様子だった。

 

前置きが長くなったが、5月9日(木)『ふじやまワールドミュージック』のメッセージテーマは「あなたの周りのエライ人選手権」だ。 ご主人や奥様、自分の子ども、親兄弟、友人知人、ご近所さん、恩師などなど、「あっエライ!」と感じたことをぜひお寄せいただきたい。思いうかばなければ、歴史上の人物でも可である。

 

例えば「ご近所の●●さん、ゴミ出しのネット設置毎回有り難い」や、「自分の子が毎日お手伝いしてくれてエライ」とか、身近なエライ人のことを、リクエスト曲と共にぜひお寄せいただきたい。

 

先ず私は、再放送も含め、番組を聴いていただくリスナーの皆さんに感謝申し上げたい。番組開始当初からお支えいただき、毎週工夫を凝らしたメッセージ・リクエストをお寄せいただくのは、本当に嬉しいし、励みになる。私の番組を入り口に、FMふじやま、そのものを聴いてくださるリスナーさんがいらっしゃるのも有り難い。また、毎週番組作りを支えてくれるFMふじやまスタッフの皆さんにも、感謝申し上げたい。

 

そして、母と、公私ともに支えてくれるビジネスパートナーにも感謝したい。父が亡くなった時、抜け殻みたいになっちゃうのか心配していたが、薬剤師の仕事に復帰するとまで言っているから頭が下がる。いつも元気づけてくれ、送り出してくれる母には、いつまでも長生きしてほしい。まだぜんぜん親孝行できてないし。

 

ビジネスパートナーは、毎週私の番組を聴き、私の文章を読み、的確なアドバイスをしてくれ、なおかつ必要な資料や音源を探してくれるので、本当に有り難い。

 

📗【BOOK BOOKふじやま】📗

『桃太郎の運命』鳥越信ミネルヴァ書房刊 誰もがご存知の昔話が、実は....という部分も、あれっ❓...もあるし💦

f:id:taka_fan:20190508162006j:image

もう1冊『まんがで学ぶ利休の逸話』英賀千尋作画 淡交社 編集局編 淡交社刊 も紹介する🍵 千尋さんの柔らかなタッチが、利休の魅力を引き立てる。

f:id:taka_fan:20190508162308j:image

🇫🇷【河口湖発パリ行き】🇫🇷

「フランスの歴史教育

フランスの中高等教育で、一番力を入れているのが歴史である。 日本のように詰め込むのではなく、史実を元に考えさせ、自分の意見を述べることを求めるものだ。その一端をご紹介する。

 

『ふじやまワールドミュージック』木曜日

12:00-15:00 

(再放送は金曜日深夜00:00-03:00)

FMふじやま 77.6MHz 

※インターネットサイマル放送実施中 

担当:柳瀬ゴロー 

 

📧info@fujiyama776.jp 

📠0555-20-3775

💻📱 http://fujiyama776.jp/

 

 

 

 

大宮区役所新庁舎完成祭

f:id:taka_fan:20190506165108j:image

さいたま市大宮区大宮区役所新庁舎が完成した。 開庁に先立ち、今日、新庁舎完成祭が開催され、大勢の人が集まった。製糸業で栄えた大宮を意識したような美しい新庁舎に誰もが感嘆の声を上げ、写真を撮っていた人が多数。これは氷川参道に隣接していることも、多分意識してのデザインだろう。

 

f:id:taka_fan:20190506191140j:image

 

 

f:id:taka_fan:20190506191025j:image

f:id:taka_fan:20190506191046j:image

14:10 テープカット式典が始まり、実行委員長による手短な挨拶の後、風船が空に放たれ、市民だけのテープカットとなった。

 

その後、新庁舎の内覧会となった。まだ新居?の香り残る新しい庁舎に市民も、「素敵な区役所だね」と、感心した様子だった。

 

f:id:taka_fan:20190506191736j:image

何よりも驚いたのが、区役所内に設置された図書館である。「にぎわいからハタラキを起こす」をスローガンに、新たな試み満載である。

 

f:id:taka_fan:20190506192116j:image
f:id:taka_fan:20190506192125j:image
f:id:taka_fan:20190506192130j:image
f:id:taka_fan:20190506192121j:image

学習支援室の席数も、他のさいたま市内図書館よりも格段に多く、個室の研究室まで設置された。

 

今回の新庁舎完成祭をつぶさに観察してみると、実行委員の1人として雑務に追われていた地元県議会議員、地元市議会議員以外、衆参両院議員も市議会議員も現れず、清水勇人市長すら出席していない、政治色がまったく感じられない、まさに市民による市民のためのお祭り、というのが特色だった。

f:id:taka_fan:20190506193230j:image

f:id:taka_fan:20190506193254j:image

 

ポスターにもなり、市民にも一部100円で販売された、写真家浅田政志氏によりデザインされたモザイクアートも、市民だけのテープカットも、タイムカプセルも、すべて市民だけの手作りで実施されたのだ。

 

この新庁舎完成祭が市民主体で実施されたことは、大変意義深いことだ。

 

 

 

思ったよりもゴミは少ないが...やはりBBQか❗️

f:id:taka_fan:20190505174720j:image

時代が令和になり、初のゴミ拾いを行った。GW最中なので、ゴミ多いだろうなと覚悟してたら、思ったより少ない。相変わらず吸い殻やら、飴の包装セロファンティッシュ、ペットボトルはあったが、いつもより少ない気がした。

f:id:taka_fan:20190505175008j:image

 

ゴミよりもタチが悪いなと思ったのは、バーベキュー客である。昨日、金山緑地公園側で、雷鳴も聞こえているにも関わらず、バーベキューを続行していた人がいたらしいが、明らかに自然をなめている。以前神奈川県で増水による避難勧告を無視し、バーベキューを続けた挙句、中洲に取り残され、レスキューまで出動する事態になったことがあった。

 

f:id:taka_fan:20190505175743j:image

 

今日も金山橋付近だけに限らず、城前橋付近でバーベキューをする人々を多数見かけたが、残念ながらマナーは悪い。中にはきちんとゴミの分別をし、マナー良く楽しんでいる人もいたが、こんなのを見かけたから、ガッカリなのである。

 

f:id:taka_fan:20190505180039j:image

f:id:taka_fan:20190505180055j:image

明らかに直火でバーベキューをした後なのである。 直火バーベキューを禁止している条例はないが、バーベキューを行った後の様子は汚らしいので、景観のことを考え禁止を呼びかけている。バーベキューを楽しむ人々からも呼びかけを行っているが、なかなか減らない。

 

平和にルールを守ってバーベキューを楽しんでいる人がいる一方で、ルールを無視している人もまだまだ多い。

 

 

 

新時代到来!〜5月2日の『ふじやまワールドミュージック』

f:id:taka_fan:20190501141043j:image

令和時代の幕開けである。 まだまだ実感は湧かないが、世の中が何となく厳かな雰囲気に包まれいる気がする。 

 

今日の午前中から午後にかけ、龍笛奏者である友人の演奏会が、さいたま市見沼区中山神社で開催されるとのことだったので、駆けつけ た。

f:id:taka_fan:20190501142235j:image

 

折から中山神社には参拝者や御朱印集めする方々が大勢集まり、列に並びながら友人が奏でる龍笛に聞き入っていた。 友人の配慮で、FMふじやまと、『ふじやまワールドミュージック』をタイムテーブルをお配りしながら、PRする機会を与えてもらった。

 

f:id:taka_fan:20190501142206j:image

 

雅楽は、宮中で演奏される以外、なかなか聞くことはできないが、友人は雅楽にもっと親しんでもらおうと、さいたま市内各所で龍笛を奏でている。 天と地をつなぐ役割があるとされる龍笛の音色に触れてみては如何だろう。

 

さて、5月2日(木)の『ふじやまワールドミュージック』のテーマは、「新時代到来〜いつまでも残したいあなたの好きな風景」である。旅先で見た風景、日常触れる風景、などなど、次世代にも残したい風景をお寄せいただきたい。

 

📧info@fujiyama776.jp

📠0555-20-3775

 

http://fujiyama776.jp/

※ホームページ内のメールフォームもご利用可

『ふじやまワールドミュージック

木曜日 12:00-15:00

(再放送 翌日00:00-03:00)

 

【柳瀬ゴローが残したい風景】※一部

f:id:taka_fan:20190501143006j:image

八丈島


f:id:taka_fan:20190501143010j:image

海ぼたるにて


f:id:taka_fan:20190501143015j:image

f:id:taka_fan:20190501143203j:image

柳瀬川回廊

 

 

No Radio No Life〜まもなく令和へ

f:id:taka_fan:20190430224157j:image

まもなく平成が終わり、令和がスタートする。

圧倒的に昭和より平成の時代が長かった人生だが、まだまだ昭和を引きずっている感はある。

 

先日の私が担当する『ふじやまワールドミュージック』木曜日でも、「昭和にワープだ!」をテーマにお送りしたが、音楽でも活字カルチャーでもファッションでも、昭和に生み出されたものがベースとなり、平成でも息づいていたというのが正直なところである。平成に入り、インターネットが普及し、携帯電話も当たり前となり、格段に便利となったのが平成である。やはり、昭和で生み出された文化が、平成のマルチメディア化により、さらに発展を遂げたと思うが、一方で新聞、書籍、雑誌などの活字は、マルチメディアの影響をもろに受けてしまっているように思える。 

平成の31年間を振り返ると、傍らにはいつもラジオがあった。ラジオの場合、70年代後半から80年代、ビデオの普及と共に衰退の一途を辿っているかに思えたのだが、昭和の終わりから平成にかけ、FMヨコハマJ-WaveFM802の開局辺りから再び活気が出てきて、コミュニティFMが制度化し、電波の世界も賑やかになった。 

 

阪神・淡路大震災東日本大震災においてもラジオはしっかり役割を果たし、ラジオの使命を確立したかに思えたのだが、やはりマルチメディア化の波はラジオの世界にも影響を与え、厳しい状況になった。

 

しかし、インターネットと連動し、さらにRadikoサイマル放送などにより、インターネットでもラジオを聴けることが当たり前となった今、ラジオは新時代へと移った。インターネット普及前はハガキかファックスでしか番組に参加することはできなかったが、メール、そしてツイッターでリスナーが番組に容易に参加できるようになり、よりラジオは身近な存在となったのだ。

 

NHK-FM「DJショー」に選ばれ出演したのが、平成6年10月1日だった。その後Air-Gなどにゲスト出演したのち、むさしのFMや調布FMでレギュラーを持ったが、送り手側にいながらも、リスナーであり続けた。

 

20年のブランクを経て、FMふじやまに採用され、毎週木曜、『ふじやまワールドミュージック』を担当するようになったが、リスナーでもある私は、聴く側の気持ちもよく分かる。

 

送り手として、令和もますます頑張るつもりだが、これからもリスナーであり続けるので、誰よりも聴く側の気持ちが分かる送り手でいたいと思う。 

 

リスナーの皆さんには、心から感謝申し上げたい。

 

 

TOKYO RAINBOW PRIDE 2019

f:id:taka_fan:20190430132934j:image

 

ものすごい人の数! ものすごい熱気! そしてものすごく明るい!

 TOKYO RAINBOW PRIDE2019 へ行ってきた。 

『東京レインボープライド2019』とは、LGBTなど、セクシュアル・マイノリティの存在を社会に広め、"性"と"生"の多様性を祝福するイベントである。 会場である東京都渋谷区の代々木公園イベント広場には、様々な人たちが集まった。 LGBTの人たちだけなのか、と思いきや、男性と女性のカップルもいるし、ファミリーもいる。小さな子どもたちもたくさんいる。年齢の幅も広いし、多種多様な人々が大集結したのだ。

 

以前、朝霞市が主催するセミナー『誰もが自分らしく生きるために〜男・女の枠を超えて、多様な性を知ろう』を取材したことがある。

 

そこで学んだのは、セクシャリティ=性のあり方には「からだの性」「こころの性」「表現する性」「恋愛対象の性」の4つの指標があり、一口に性と言っても、「男女」という典型的な括りではない、多様なものである、ということだ。

 

f:id:taka_fan:20190430125058j:image

 

今年も Inter FM897が、会場内特設ブースより「ONE LOVE2019」を放送し、TOKYO RAINBOW PRIDEに花を添えた。 「全ての人々の愛や個性が平等に尊重される未来に向け、音楽だからこそできること」をスローガンに、Inter FM897 の各ナビゲーターやゲストがそれぞれの”想い”を発信した。

 

f:id:taka_fan:20190430125938j:image

 

今必要なことは、多様な性について、正しく理解することである。私自身、メディアに関わる者として、あらゆる境遇の人々が当たり前に普通に暮らせる社会づくりに微力ながら貢献したいと、心から思った。