À l'avenir~柳瀬ゴロー公式ブログ

柳瀬ゴローです。FMふじやま、FMひがしくるめでパーソナリティを務めております。番組のお知らせや川のことなどを綴っております。

2.13地震....小名浜からの声

f:id:taka_fan:20210214182023j:image

「ゴローさんがラジオにいるからすぐSEA WAVE付けたんですよ!」

 

改めて、今回の地震で被害に遭われた皆さん、お怪我をされた皆さん、心からお見舞い申し上げます。

 

2月13日(土)23:08、東北沖で発生した地震は、最大震度6強の強烈な揺れを発生させ、各地に被害をもたらせました。

 

宮城県岩沼市の友人宅は、落下した物が床に散乱したそうですが、無事とのこと。

 

福島県いわき市小名浜在住の金子氏は、発生当時外にいたそうです。揺れが収まり慌てて自宅に帰ったら、部屋は無事。そしてガソリンスタンドへ向い車に給油をしていたら、続々と市内から車が集まり、給油待ちの車の行列ができたそうです。

 

金子氏は発生直後より地元のコミュニティFM局SEE WAVE FMいわきで情報をキャッチし、行動に役立てていたのですが、SEE WAVE FMいわきを聴くきっかけは、私がコミュニティFMにいることだったそうで、これは素直に嬉しかったです。

 

スマホは今や欠かせないツールになり、今回の地震でもスマホから警報が発せられ、テレビを見ていた方は同時に緊急地震速報をキャッチされたと思います。揺れが収まり、避難という段階に入った時、自宅でテレビやスマホを注視していたら、逃げ遅れる可能性もあります。金子氏は「ラジオ、特に地元の情報を発信するコミュニティFMなら、有益な情報を聴きながら行動ができるから良い」とも言ってましたが、まさにここがコミュニティFMの大きな利点であると思います。

 

もう1つ金子氏は「外国人への情報が弱い」ということも言っており、いわき市に限らず、東北にも関東にも大勢の外国人が居住し、今回の地震で被害を受けた外国人の方も多数いると思います。これは案ですが、NHK総合テレビの副音声により英語で情報発信してますが、テロップによる多言語での情報発信をぜひしていただけないかと願ってます。これはテレビだけに限らず、ラジオなど各メディアの課題ですが、ますます我が国が国際化に向かう中、緊急時における外国人向けの情報発信を強化しなくてはいけないなと、私も思うのです。